2011年12月29日木曜日

他のシステムプラン

発電量が大きいシステムを構築したかったので、いろんなプランを提案してみました。

しかし、問題があり、全てダメでした。

(1)庇部分に90Wのパネルを設置
屋根:150W×48枚=7.2kW
庇:90W×12枚=1.08kW
合計:8.28kW
→出力が違うパネルを同一システムで設置できないと返答あり。(とくとくショップ)
→庇が130cmと短い為、SF-150Kが載らないと返答あり。(とくとくショップ)
瓦屋根の場合、
棟(屋根のてっぺん)から30cm、
ければ(屋根の左右端)から10cm
軒(屋根の先端部分)から40cm
余白を取る必要があるようです。(メーカー問合せ)

(2)全て95WのSFL95-Cを設置
屋根:95W×78枚=7.41kW
→現在95Wのパネルは9月より生産停止、そして生産再開の目処がたっていないと返答あり。(とくとくショップ)
→全て90Wにすると90W×78枚=7.02kW(¥2,320,000)
→150Wのプランより発電量が減り、金額が増える。

(3)母屋にも設置
屋根:150W×48枚=7.2kW
母屋:150W×15枚=2.25kW
合計:9.45kW(¥3,000,000)
→母屋が築30年経過、土葺きの瓦屋根、阪神淡路大震災を経験、から考えて、母屋に設置する事を止めました。また、とくとくショップからもお勧めされませんでした。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

0 件のコメント:

コメントを投稿