2012年5月23日水曜日

太陽光発電の設置工事(4)

今回の工事も立ち会っていないので、父親からの聞いた内容です。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

■パネルの出力が低い問題

朝から東側の太陽光パネルの中央の3列程度を剥がして、降ろして、点検して、再度取り付けていたようです。

考えられる原因として

①ケーブルの配線間違え
②ケーブルの接触不良
③パネルの初期不良

がありますが、どうなんでしょうか?

また、聞いてみます。
→5/28 和上住電のミスだったようです。


■電圧上昇抑制の問題

パワーコンディショナーに「電圧上昇抑制」が発生しているようです。

和上住電とくとくショップの作業担当者は「又、関西電力の方に連絡します」と言っていましたが、大丈夫かなぁ~?


■電圧上昇抑制とは?

電柱に流れる電気の電圧は100Vではなく、101±6Vの範囲で流れています。

売電する為には、電線の電圧以上で流さないと売電できないのです。

電圧上昇抑制とは、パワコン側で設定した電圧以上の電気が電線から流れてくる事で、パワコンが売電を停止する現象です。

解決方法として

①電線の電圧を下げる
出来ればこれでお願いしたい。

②パワーコンディショナーの電圧を上げる
通常の107Vよりも高い電圧にするのは、パワコンが壊れやすいので、やめたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿